ABCネットプリントLight

「余白を付ける」オプションについて

※解像度不足の画像のみに余白が付くオプションです。
ご注文のサイズに十分な解像度がある画像の場合は、「余白を付ける」にしても余白はつきません。

(解像度不足の画像とは、縦×横の値が、700,000pixel未満の画像です。例:640×480=307,200←解像度不足)


解像度不足の画像の場合、普通にプリントを行いますと引き伸ばした状態でプリントされますので仕上がりが粗く(ピントが合って無い感じになることもあります)、ブロックノイズと呼ばれるモヤモヤとしたノイズ(特に境界線等に出ます。JPEG画像特有の現象です)がプリントされる場合があります(写真1)。

解像度の低い画像のプリントサンプル
写真1 粗いプリントのサンプル※写真はイメージです。

この写真を「余白を付ける」でプリントしますと、写真2-1 写真2-2 のような感じで周りにフチ(白枠)を付けて、綺麗にプリントすることが可能になります。
※ご注文のサイズに十分な解像度がある画像の場合は、「余白を付ける」にしても余白はつきません。

余白付きプリントサンプル
写真2-1 余白付きプリントのサンプル
640x480 ピクセルの画像をプリントした場合

余白付きプリントサンプル
写真2-2 余白付きプリントのサンプル
320x240 ピクセルの画像をプリントした場合



両方のプリントに一長一短がありますので、お客様に選んで頂く仕組みを採用しております。「粗くても良いから普通にプリントして欲しい」という方は、そのままプリント致しますので、「余白を付ける」オプションを選択せずにご注文下さい。

ウィンドウを閉じる